• 「子どもしゃべり場・報告書」作成しました

    コロナ禍、子どもが自分の気持ちを話せる場を作りたいという思いでスタートした「子どもしゃべり場」。
    現在も月曜日・金曜日の19時~21時に実施中ですが、開設して1年間の記録を報告書にまとめました。

    しゃべり場報告書(オモテ表紙)

     

    ☆データからみる「子どもしゃべり場」☆

        画像4   

    相談件数 701件 リピーター率76%
    5歳から17歳が全体の半数
    全国からアクセス

     

    実施:2020年4月27日~3月29日の期間で相談件数は701件、リピーター率は76%
    しゃべり場に来る子どもたちは15歳・16歳・17歳が全体の50%を占めています。
    中高生がメインであることがわかります。
    また、住んでいるところの情報が得られた相談者のデータから、子どもしゃべり場へは
    地域を問わず全国からアクセスしてきていることがわかりました。

     

    ☆「子どもしゃべり場」が大切にしていること☆

    画像1

     

    “ど~んな気持ちも大切だよ”
    今、どんな気持ち?
    子どもたちとのやり取りの中で、大切にしていることです。

     

    気持ちにはいいとか悪いとかはありません。
    言葉にして、誰かに聞いてもらおう。

    しゃべり場の相談員は…

    1.子どもの話を「ひたすら聴ききます」
    2.   子どもの「気持ちを聴きます」
    3.「アドバイスはしません」どうしたいのか決めるのは話してきた本人です
    4.「あなたは大切な人」…子どもの存在を肯定します
    5.    「あなたは一人ではないよ」と寄り添い続けます

     

    ☆子どもの気持ちを“聴く”こと☆ 子どものエンパワメント

    画像6

     

    「気持ち」はその人自身のもの。
    「気持ちを聴く」ことは、そのまんまのあなたを受け入れること。

     

     

    ・「気持ちを聴く」ことは、ありのままを受け入れること。
     受け入れられることで「安心」できる

    ・「安心」なところでは「気持ちを感じること」ができる。

    ・自分がどう感じているか、わかると「選ぶこと」ができる

    しゃべり場報告書メッセージ

     

    しゃべり場報告書2020をじっくりご覧になりたい方はこちらからダウンロードできます

     アセット 5

     

    子どもしゃべり場に参加するには…

    子どもしゃべり場のLINE公式アカウントと友だちになることが必要です。
    追加は以下のQRコードを読み込む、またはID検索(ID:187kimochi)
    等で簡単にできます!

          <以下のQRコードをスキャンしてLINEで友だち追加して下さい>

    QRコード画像2

    友だち追加お待ちしています!

    プロフィール用(2)