Loading...

認定NPO法人エンパワメントかながわ

  • 【寄付のお願い】川崎市内の中学生へ暴力防止プログラムを届けたい!

    事業支援しきん「あとおし」による寄付金集め、今年度もスタート
    <2017
    年3月15日まで>

      「10代の子どもたちを被害者にも加害者にもしない!」 
    中学生向け暴力防止プロジェクト

    EPSON MFP image

     

    20152月、多摩川の河川敷で起こった中学生殺害事件は、未だに大きな衝撃を残しています。

    10代の子どもたちを被害者にも加害者にもしないために
    「どんな理由があっても、暴力を振るわれていい人はひとりもいない」という人権を伝える
    CAP(子どもへの暴力防止)を川崎市内の中学校で実施していくために
    かわさき市民しきん「あとおし」によって資金集めを今年もスタートしました。

    中学生には「困ったときは相談してほしい」ことを伝え、
    中学生をとりまくおとな(教職員や保護者、地域の人)には
    子どもから相談されたときの対応方法を伝え、事件の再発防止を目指します。

     

    2回 いのちキャンペーン ~川崎から愛をこめて
    2017年2月19日(日)


    ★午前の部(10時から12時)
    会場:川崎市ふれあい館・桜本こども文化センター(川崎区桜本1‐5‐6)
    ・「いのちキャンペーン」趣旨説明
    ・公開ワークショップ
    テーマ<中学生を暴力の被害者にも加害者にもしないために何ができるか>
    ★午後の部(14時~15時)
    会場:川崎駅東口広場
    ・「いのちキャンペーン」の広報活動
    ・寄付の呼びかけ

     

    ==========

     

    ★「中学生向けCAP暴力防止プログラム」
    公開ワークショップ開催⇒終了しました!

    中学生に提供しているプログラムが体験できます。
    2017年1月20日(金)18:30~20:30 
    会場はミューザ川崎 研修室1 参加費無料

     

    IMG_3938

     

    この取り組みを広げていくことで、
    地域のおとなが見守る中で、子どもたちが安心して生きていくことができる社会を目指します。

    「事業支援しきん あとおし」は「一般財団法人 かわさき市民しきん」と事業を目指すNPOなどの市民団体が一緒に寄付を集める〝事業しきん〟調達プログラムです。
    「こうなったらいいな」と思う川崎の姿から、逆算して必要なことをするための〝しきん〟を市民の寄付で集めます。

     

    <目標金額 600,000円>

    ☆寄付が集まるとできること☆
    800人の中学生に「暴力を受けていい人は一人もいない」ことを
    150人の教職員、50人の地域のおとなに「子どもたちを暴力から守るためにできること」を伝えます。

     

    <寄付の方法>詳細はこちら

    ■銀行振込(エンパワメントかながわへの」寄付専用)
    川崎信用金庫 御幸支店 (普)0937317
    一般財団法人 かわさき市民しきん 代表理事 廣岡希美

    ■郵便振替(通信欄に寄付事業名を必ず記載)
    00200-4-137164
    一般財団法人 かわさき市民しきん

    ■現金
    かわさき市民しきんへ直接持参
    または現金書留で郵送

    ■クレジットカード

     

    《寄付募集期間は2017年3月15日までとなります》